袷(10月〜5月)のお着物

袷(あわせ)の着物は、裏地の胴裏と八掛をつけて仕立てた着物を指し、10月から5月に着ます。
八掛は袖口や裾からちらりと見える部分で、着物に合わせて選びます。
胴裏は着物を補強するために胴部分につけ、通常白羽二重を使います。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

10商品中 1-10商品